エラグ酸って知っていますか?

話題のエラグ酸

エラグ酸って知っていますか? header image 2

発見の歴史について

2014年03月18日 · コメント(0) · 未分類

エラグ酸の歴史は、1831年に、フランスの科学者アンリ•ブラコノーによって発見をされました。植物が寄生虫などによって寄生されたときに、植物が異常な発達をしてしまい、こぶ状の葉っぱや茎が形成されることを発見されたことに由来して、エラグ酸と呼ばれています。具体的には、虫こぶからエラグ酸が離された点と虫こぶのことをgalleと呼ぶことに由来をしています。バスケットボール021996年には、厚生労働省に医薬品外品として許可されるようになり、2003年には厚生労働省によって、食品添加物としても利用されるようになったため、エラグ酸の安全性が広まるようになりました。お肌の美白にも効果があるため、化粧品にも使用されるようになりました。エラグ酸の生成方法としては、化粧品の場合はタラというマメ科の植物から抽出したものを使って作られることが多くあります。ざくろやナッツ類、ブラックベリーなどにも多く含まれている成分で、美容と健康、そして糖尿病やガンなどの生活習慣病の予防にも役立つようになりました。安心して食材からも摂取をすることができる成分です。今では、サプリメントにもなっているため、お手軽に摂取ができるようになり、健康維持に役立っています。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。