エラグ酸って知っていますか?

話題のエラグ酸

エラグ酸って知っていますか? header image 2

糖尿病予防に効果あり!

2014年05月15日 · コメント(0) · 未分類

レジスチンというのは、脂肪細胞が分泌するホルモンのひとつです。糖尿病の一般的な症状である、インスリンが聞かなくなる状態を引き起こす物質ではないかとして発見されました。脂肪細胞自身や、肝臓、骨格筋に対するインスリンの作用を阻害する働きがあります。肥満を病気に結びつける可能性のあるホルモンとして、レジスチンはとらえられています。ビリヤード03このレジスチンの分泌を抑制する働きとして、エラグ酸が注目されています。ざくろの果汁や、ブラックベリー、イチゴやナッツ類などに含まれている食品成分であるエラグ酸は、善玉分子の分泌には影響をおよぼさないという利点もあります。天然のポリフェノールの一種で、その他にもアンチエイジングにも効果があります。しみやそばかすの原因となるチロシナーゼとういう酵素の働きを抑制して、メラニン色素を作りにくくするため、美白などの美肌効果や、老化を防ぐ効果、ガンの予防や抑制をする効果、抗菌、抗ウィルス効果も期待できます。サプリメントや、化粧品としても広く使われている成分です。老化防止や、病気の緩和、改善、そして美容にと効果が期待できる成分ですので、是非毎日の生活にとりいれてみてはいかがでしょうか。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。